【激安IP-KVM】BliKVM(PiKVM) が届いたのでレビュー

激安KVM over IPの実現

【激安IP-KVM】BliKVM(PiKVM) が届いたのでレビュー
目次

純正のPiKVMは高すぎるので他に安い基板は無いか探していたところ、 BLIKVM を見つけたのでレビュー 2022/7/16に注文して2022/7/27に届いた。

付属品

青色エンクロージャ(金属製)、HDMIキャプチャ基板、ATX電源制御基板、USB電源とデータ伝送を行うためのスプリッター(基板)が入っていた。

組み立て

ハードウェアの組み立ては公式の動画が参考になった。

PCにATX電源制御基板を取り付けた様子。

RaspberryPiのType-C 1ポートでマウス・キーボードの信号制御と電源供給を行うために付属のスプリッターを使うようだ。

筐体外観

使い方

電源を入れるとOLEDにはネットワークI/F名、ローカルIPアドレス、CPU、メモリ使用率が表示された。

OLEDに表示されているIPアドレスをブラウザに打ち込んで表示する。ここで証明書エラーが出た場合は thisisunsafe と入力してログインページを出すことができる。admin/adminでログインしKVMを選択。

画面右上の電源ボタンで電源ON/OFF、ATX制御基板を取り付けてあるのでHDD LEDもリアルタイムに点滅する。ただし、電圧不足なのかPCケースのHDD LEDは点灯しなくなってしまった。
ASRockのマザーボードを使っている場合はCSMを有効にしないとBIOS画面でキーボード操作ができないようだ。

解像度は1080p 50Hzが上限だった。ゲームは厳しいが日常的なファイル操作なら全く問題ない。

BliKVMは3種類のラインナップを確認している。事情でWakeOnLanが使えない or BIOSの設定を遠隔操作したいマニアにおすすめしたい。

BliKVM PCIe BliKVM HAT BliKVM CM4
16,087円 13,087円 12,669円
Compute Module 4が別途必要 RaspberryPi4が別途必要 Compute Module 4が別途必要